坂本和也:「Spring ephemeral - スプリングエフェメラル」

坂本和也:「Spring ephemeral - スプリングエフェメラル」

2020 3.6 - 4.4

レセプション:3月6日(金)18:00 – 20:00

©坂本和也
Press Release

会場:nca | nichido contemporary art
会期:2020年3月6日(金)-4月4日(土)
営業時間:火 – 土 11:00 – 19:00 (日・月・祝 休廊)
レセプション:3月6日(金)18:00 – 20:00


 この度、nca | nichido contemporary artは坂本和也による新作個展「Spring ephemeral」を開催いたします。
坂本和也はこれまで自身の趣味である水草の飼育(アクアリウム)を通して、生態系の構成要素のなかに現代の社会環境との類似性をみたことから、植物をモチーフにして物事の内面を表そうと探求してきました。
反復と増殖を繰り返しながら綿密に描かれる多種多様の植物は、生命を維持するために変容を繰り返す進化の過程を描いているようです。本展では、春先の短い期間に開花し、夏に葉をつけたあとは地中で過ごす植物群、「スプリングエフェメラル」をモチーフにしています。他の植物との競争を避けるためにライフサイクルに時間差をつけることで繁殖、生存しようとするこれらの花々に焦点をあて、自己の潜在意識や精神状態、葛藤を可視化させようと試みます。


坂本和也(さかもと かずや)
1985年 鳥取県生まれ
2012年 名古屋芸術大学 美術学部洋画2コース 卒業
2014年 名古屋芸術大学大学院美術研究科美術専攻同時代表現研究領域 修了
2017-18年 文化庁海外派遣制度にて台北に派遣

主な個展:galerie nichido Taipei, 台北 (2018) / “Landscape gardening”,米子市美術館, 鳥取(2017) / “Between Breaths”, nca | nichido contemporary art, 東京(2016) / ALA Project No9” Kazuya Sakamoto", ART LAB AICHI, 愛知 (2012)
主なグループ展:"nca new generation project – Sensing Body", nca | nichido contemporary art, 東京(2015) / "豊穣なるもの 現代美術in豊川" , 豊川市桜ヶ丘ミュージアム, 愛知(2015) / "アーツ・チャレンジ2015", 愛知芸術文化センター, 愛知(2015) / "Some Like It Witty", Gallery EXIT, 香港 他


©2009 nca | nichido contemporary art. All Rights Reserved.