越中正人:「つまり

越中正人:「つまり "please" / Please let me...」

2018 11.29 - 12.25

オープニングレセプション:11月29日(木)18:00 – 20:00
オープニングに合わせ、作家も在廊いたします。

"three-way", 2018, 40 x 60 cm, C-print, ©Masahito Koshinaka
Press Release

会場:nca | nichido contemporary art
会期:2018年11月29日(木) – 12月25日(火)
営業時間:火 – 土 11:00 – 19:00 (日・月・祝 休廊)
オープニングレセプション:11月29日(木)18:00 – 20:00
オープニングに合わせ、作家も在廊いたします。
Supported by DMM.make

この度、nca | nichido contemporary artは、越中正人の新作個展「つまり“Please” / Please let me…」を開催いたします。越中正人はこれまで「集合」と「個」- 集合(集団)のなかにおける個々(個人)の位置、存在意義、またその関係性を自身の経験を通して他視点から考察し、写真や映像を用いてそれを作品に表してきました。それはメディアによって植え付けられた現代社会の暗黙のルールに、私達日本人の多くが当たり前のように受け入れ、集団規範に縛られている風潮に違和感を覚えたことが背景にあります。
本展では、今日本が抱える問題の一つである私たちの労働への関わり方に焦点を当て、越中本人や近しい友人の体験やメディアで最近大きく取り上げられた事件を題材に、写真と映像、そして最先端の技術、AR(Augmented Reality - 拡張現実)を取り入れた作品で構成します。


越中正人 Masahito Koshinaka
1979年大阪生まれ。現在神奈川県在住

個展:“NEWoman ART wall”, ニュウマン、東京 (2018)「何かによる、何かしらの。何かであって、そして何だか正しいらしい何か」ギャラリーパルク、京都 (2017) “from one pixel” ポーラ美術館、箱根 (2015) “Anagolism” C.A.P 神戸、兵庫 (2015) “individuals” nca | nichido contemporary art 東京 (2011) “double word” nca | nichido contemporary art, 東京 (2008) “a view from the view”, VOICE gallery, 京都 (2006) / “Those who go with me” VOICE gallery, 京都 (2004)
グループ展:“small works” nca | nichido contemporary art 東京 (2014) 15th WRO Media Art Biennale ヴロツワフ、ポーランド(2014) BIWAKO biennale 滋賀(2012) 越後妻有アートトリエンナーレ FUKUTAKE house (2009) “Identity IV-curated by Kentaro Ichihara-“ nca | nichido contemporary art 東京 (2008) UBS Young Art G27, チューリッヒ、スイス (2007) “Masahito Koshinaka + Yukihiro Yamagami”, baobab京都 (2007) “into the photograph, out of the photograph” Third gallery Aya 大阪 (2007) “ZONE – PPOETIC MOMENT” Tokyo Wonder Site 東京 (2005) Toyota Triennale 豊田市美術館 (2004)
受賞歴:“Mio Photo Award 2000” 天王寺Mio 大阪 (2000)
コレクション:UBS チューリッヒ、スイス / BT Collection / ポーラ美術館 他プライベートコレクション

©2009 nca | nichido contemporary art. All Rights Reserved.